PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801BX4 正当派PC-9801 Fellowの終点 ※1995/7発売

「高性能98FELLOW新登場!」PC-9821Xeのマザーボード流用で開発された廉価機。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801BA3/BX3 CPUの変更が続いたFellow ※1995/1発売

「低価格宣言。98FELLOW。」価格が下がり、Windows3.1の利用も多少考慮されている。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801BA2/BS2/BX2 Fellow3兄弟 ※1993/11発売

「コストパフォーマンスが冴える98FELLOW。」14.6MBの壁は取り払われ19.6MBまで拡張。久々にS型番機もラインされた。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801BA/BX 98Fellowの登場 ※1993/2発売

「i486DX2(40MHz)搭載、ハイコストパフォーマンスを実現した高性能モデル」※BA 「i486SX(20MHz)搭載、コストパフォーマンスを大幅に向上したエントリモデル」※BX 拡張スロットの削減やサウンド機能のオプション化で、価格引き下げを実現。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801US CPUはFXよりも上のコンパクトな名機 ※1992/7発売

「欲しいと思っていた、家族みんなで使えるコンパクト32ビット」家庭用を意識したマシン。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801FS/FX 今さら386SXではない ※1992/5発売

「ビジネスの発展にフレキシブルに対応する、中核モデル」※FS 「拡張性と経済性を追求した、32ビットデスクトップマシン」※FX 生まれるのが1年遅かった。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801FA 実売価格の下がったフラグシップ機 ※1992/1発売

「i486SX、ファイルスロット採用、これが次の主流を行くハイスタンダードマシン」DOS/Vパソコンに比べると幾ら独自規格の国産品とはいえ、価格は割高でコストパフォーマンスは決して良くない。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801CS 98では何故か人気がなかったCRT一体型 ※1991/10発売

「人に、オフィスに優しいディスプレイ一体型モデル」386SX等はやめて、早く468へ移行するべき時期になっていた。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801DA PC-H98に遠慮してCPUは足踏み状態 ※1991/2発売

「ビジネスをさらに進化させる、価値ある32ビットデスクトップ98」CPUのクロックアップはなく、最先端を行く98、というイメージが崩れてしまった。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801DS DAと同じ1MBのメモリ標準装備とせよ ※1991/2発売

「知的オフィスにエントリー、経済性に応える32ビットデスクトップ98」このマシンを選択する人はWindows3を意識しているから、1MBメモリを標準装備するべきだった。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801UR/UF 98NOTEのメモリが使えるコンパクト機1991/2

「都市空間を考えた省スペーステスクトップ」最後のデスクトップV30搭載機
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801DX 最後の16ビット286マシン ※1990/11発売

「幅広い業務のニーズに応えるデスクトップ98のスタンダードモデル」286マシンはこれで終了し、X型番機も32ビットに移行した。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801RA21/51 386DX標準機 ※1989/10発売

「戦略的ビジネスを実現する32ビット標準機」順調にCPUのくロックアップが行われ、最先端を行くPC-9801の印象が続いている。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801RS21/51 「3.5インチFDDマシンの方が安い」の原則が崩れた ※1989/10発売

「オフィスワークを力強くサポートするエントリーモデル」高速な16ビット機として使うのなら十分に満足できる。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801RX21/51 286最盛期 ※1989/10発売

「多彩なニーズにコストパフォーマンスで応えるデスクトップ」286の全盛期で、HDDとEMSを設定して使えばフル活用できた。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801ES2/ES5 EPSON互換機「PC-386M」の勝ち ※1989/5発売

「高速32ビットCPUでパワー増強。実力の3.5インチデスクトップ98。」ラインナップの位置づけが中途半端になっている。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801EX EPSON互換機「PC-386M」に負けた286マシン ※1989/5発売

「多彩に使いこなせる3.5インチデスクトップ98。」型番の使い回しは混乱の元。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801VM11 VMの最終バージョン1988/11発売

今さらVMでもないだろうに、という時期ではあったが、教育関係や速度を必要としない分野とかでは結構出ていたという。バイトで買えるマシンといえるかもしれない。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801RX2/RX4 CPUのクロックを12MHzに引き上げる ※1988/10発売

「高速・大容量化で、高度なビジネスニーズに応える新・標準機。」まだまだMS-DOS全盛期だから、このマシンを選んでもがっかりすることはない。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801RA2/RA5 386DXに一番乗り ※1988/7発売

「パワフルに進化したビジネス仕様の32ビット98」386DX搭載機としては一番乗りしたマシン。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801CV21 無意味な一体化は何のため? ※1988/3発売

「カラーCRTディスプレイ内蔵のワンボックス16ビット」当時のマッキントッシュを彷彿させるデザイン。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801UV11 コンパクトな縦置きマシン ※1988/03発売

「省スペースと低消費電力を実現した高機能のパーソナル16ビット」。このPCがあると何かと重宝することは間違いなかろう。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801UX21/41 3.5インチFDD286マシン ※1987/10発売

「高機能を凝縮した3.5インチタイプのビジネス標準機」V30は8MHz固定となり、NECはメインで使うことは諦めたらしい雰囲気がある。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801VX01/21/41 EPSON286互換機に対抗

「活動範囲をさらに拡げた新世代ビジネスマシン」EPSON互換機の登場であわてて発売した印象が強いマシン。
PC-9800シリーズデスクトップ機

PC-9801UV21 メモリボード2枚を標準装備して新登場

「ビジネス機能をコンパクトに凝縮したパーソナル16ビット」メインメモリを640KBに増量しフロントパネルのデザインが変わっただけのマイナーチェンジ機。
タイトルとURLをコピーしました