PC-9801UX21/41 3.5インチFDD286マシン ※1987/10発売

「高機能を凝縮した3.5インチタイプのビジネス標準機」

PC-9801UXカタログより

1987年10月発売のPC-9801UXは、i80286を搭載した3.5インチFDDマシンで、拡張スロットが3個に増えたので、その分高さが増した。

また、3.5インチFDDモデルの特徴であるFM音源サウンドが標準搭載されている。また、マウスコネクタが前面に移動した。

スポンサーリンク

PC-9801UX21/UX41スペック

  1. CPU
    i80286 10/8MHz。
    V30 8MHz
    ※切り換えて稼働。
  2. コプロセッサ
    i80287
    ※i80286稼働時のみ使用可
    i8087
    ※V30稼働時のみ使用可
  3. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB
  4. メインRAM
    640KB。
  5. VRAM
    256KB
  6. テキストRAM
    12KB
  7. サウンドRAM
    16KB
  8. テキスト表示
    80文字×25行、80文字×20行 40文字×25行、40文字×20行
    ※上記のいずれかを選択可
    文字及びグラフィック記号(248種)
    キャラクタ単位にアトリビュート設定可。リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色
  9. カラーグラフィックス表示
    640×400ドット時2画面
    640×200ドット時カラー4画面
    ※4096色中16色表示(アナログRGBディスプレイ接続時)
    ※8色表示(デジタルRGBディスプレイ接続時)
  10. モノクログラフィックス表示
    640×400ドット時8画面
    640×200ドット時16画面
  11. 画面合成
    テキスト画面/グラフィックス画面合成時優先順位設定可
  12. バックグラウンドカラー
    8色指定可
  13. 漢字表示
    文字構成:16×16ドットゴシック体。
    テキスト画面/グラフィックス画面どちらにも表示可
    JIS第一水準2,965種/第2水準漢字3,384種、非漢字885種、拡張漢字(388種)。
    ユーザー定義文字188種設定可。
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
  14. ビデオ出力
    アナログRGBセパレート信号出力(75Ωアナログインタフェース、カラー)
    RGBセパレート信号出力(TTLインタフェース、カラー)
    コンポジットビデオ信号出力(輝度変調、モノクロ)※ライトペン接続可
    家庭用テレビ出力可(別売TVアダプタ経由)
  15. キーボード(スカルプチャータイプ)
    JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、10ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  16. FDD
    3.5インチ2HD/2DD2台内蔵
  17. FDD増設
    3/4台目外付けI/F内蔵(2HD)
  18. HDD
    UX21にはHDD内蔵可能(PC-9801UX-31)
    UX41は20MBのHDDを内蔵(SASI)
    ※外付けHDD増設可(SASI)
  19. プリンタI/F
    8ビットパラレルインタフェース。セントロニクス社仕様準拠
  20. シリアルI/F
    RS-232C準拠
  21. マウスI/F
    バスマウス対応
  22. 対応カセット(CMT)I/F
    オプション、拡張スロット内実装可(300ボー/1200ボー)
    ※V30モード時のみ使用可
  23. サウンド機能
    FM音源3音/SSG音源3音の計6重和音8オクターブ標準装備
    スピーカー内蔵
    外部スピーカー接続端子内蔵
  24. 拡張スロット
    3個(16ビットのCバス仕様)
  25. カレンダ時計
    電池によるバックアップ
  26. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  27. サービスコンセント
    2個
  28. 温湿度条件
    10~35℃、20~80%(但し結露しないこと)
  29. 外形寸法
    本体(W)398×(D)335×(H)128㎜
    キーボード(W)435×(D)180×(H)34㎜
  30. 重量
    UX21:7.8kg
    UX41:9.1kg
    キーボード1.2kg
  31. 消費電力
    100W(最大120W)
  32. 添付品
    グリーティングカード、キーボード、電源ケーブル、ガイドブック、ハードウェアマニュアル、N88-日本語BASIC(86)関連マニュアル(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、リファレンスブック、プログラミング入門)、N88-日本語BASIC(86)システムディスク、ユーティリティプログラムディスク、PCトレーニングディスク、未使用ディスク、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、PC-VAN申込書
  33. 本体標準価格
    318,000円
  34. 発売年
    1987/10

PC-9801は、型番の後ろに「1」がつくモデルは最終モデルである。UXは最初から最終モデルで出た、ということとなり、後継機種は別の型番になることとなった。

このモデルからV30が8MHz固定となり、扱いが軽くなっている。

PC-9801UX21/UX41ラインナップ

  1. PC-9801UX21
    3.5インチFDD×2台
    HDD内蔵可(SASI)
    重量7.8kg
    価格348,000円
  2. PC-9801UX41
    3.5インチFDD×2台
    HDD20MB内蔵済み(SASI)
    重量9.1kg
    価格545,000円

このマシンは、5インチFDDのVXよりも8万円以上も安く、VXではHDD内蔵できないが、UXは内蔵できる。

またFM音源が標準装備であることから、ゲームもするなら買って損はないだろう。ただ、まだ3.5インチFDの値段が高かったのが一つのネックだった。但し、本体がVXシリーズと比べ9万円安いため、別途外付けの5.25インチFDDを接続しても価格的には悪くなかった。

NECはV30をメインに使うことはあきらめたような印象がある。3.5インチFDD内蔵モデルは何時もリリースが遅かった。内蔵FDDの違いだけで半年以上もリリースが遅れるという不思議なことがRシリーズまで続いた。
(Visited 27 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました