PC-H98シリーズ

PC-H98シリーズ

PC-H98 model105/U105 最後のH98 ※1992/12発売

「頂点の実証。i486DX2(66MHZ)搭載の98最上位機、PC-H98model105登場。」98MATEに後はお任せ
PC-H98シリーズ

PC-H98T NESAバス搭載トランスポータブル ※1992/11発売

「GUI環境に対応する高性能・省スペースを実現したビジネスパソコン。」トランスポータブルはこれで終了。
PC-H98シリーズ

PC-H98 model90/U90 高価なコンピュータが好きなメーカー ※1991/12発売

Windowsは、ご存じの通り、ハイレゾでこそ本領を発揮するのだが、当時は知る人は少なかったと思う。 CPUも最適な486SXを使っており、コプロセッサの搭載も可能。 同時発売されたmodel80/U80の上位機と考える...
PC-H98シリーズ

PC-H98 model80/U80 486SX 16MHz搭載NESAマシン ※1991/12発売

PC-H98にも、Windows3.0インストールモデルが登場した。Windowsは、ご存じの通り、ハイレゾでこそ本領を発揮するのだが、当時は知る人は少なかったと思う。 CPUも最適な486SXを使っており、コプロセッサの搭載...
PC-H98シリーズ

PC-H98S model 8/U8 ノーマルモード専用NESAバス搭載マシン ※1991/5発売

「コストパフォーマンスのノーマルモード専用H98」NESAとハイレゾに揺れるマシン。
PC-H98シリーズ

PC-H98 model100/U100 個人を全く相手にしない※1990/9発売

「32bitアーキテクチャNESA採用の98最上位モデル」486DXマシンがこんなに高価な値段で発売されていた。個人で使えるようになるのにはPC-9821Aシリーズを待たねばならなかった。
PC-H98シリーズ

PC-H98 model60/U60 どれだけのニーズがあったのか疑問だ ※1990/9発売

「コストパフォーマンスに優れたHyper98です。」個人で買うのは、やはり高価である。
PC-H98シリーズ

PC-H98 model 70 初のNESAバス搭載マシン ※1990/1発売

「先進のアーキテクチャNESA採用。PCをリードするHyper98。」次世代98も価格だけが唯一の障害となり、企業でも採用例がどれだけあったのか疑問がある。
タイトルとURLをコピーしました