PC-6001MKII 飛び抜けて新登場

「またしても進歩はNECから。」

PC-6001MKIIカタログより

このシリーズから、 NECではイメージキャラとしてタレントの武田鉄矢を起用している。中学生・高校生が販売対象であることと関係しているようだが、幾ら中学高校生とはいえ、タレントのイメージでPCを買う程馬鹿ではない。

なお、前機種の愛称だった「パピコン」の名は本機には引き継がれなかった。

スポンサーリンク

PC-6001MKIIスペック

  1. CPU
    メインCPUμPD780C-1(Z80A相当品) 4MHz
    サブCPU4MHzμPD8049 8MHz
  2. ROM
    BASIC+マシン語モニタ32KB、漢字ROM32KB、キャラクタジェネレータ16KB
  3. メインRAM
    64KB、但しテキストエリア最大32KB
  4. ビデオRAM
    1ページ2KB、2~4ページ16KB
  5. BASIC
    N60m-BASIC,N60-BASIC,N60-拡張BASIC
    ※N60m-BASICは本機にしか搭載されていない。PC-6601以降は、N66-BASICという名称になった(主な違いは歌う機能の有無)。
  6. 表示能力
    40桁×20行
    表示文字496種1024字
  7. グラフィック表示
    320×200ドット4色
    160×200ドット15色最大3面
    80×40ドット15色セミグラフィック
  8. 漢字表示
    教育用漢字1024文字
    JIS第一漢字オプション(カートリッジスロット)
  9. サウンド
    PSG8オクターブ3重和音
  10. 音声合成
    任意語合成出力2オクターブ、2音
  11. キーボード
    JIS標準配列準拠、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可
  12. モニタ
    RGB
    モノクロディスプレイ
    RFモジュール(家庭用テレビ)
  13. カセットI/F
    FSK方式600、1200ボー
  14. FDD
    接続可(1D)
  15. プリンタI/F
    セントロニクス準拠
  16. RS-232CI/F
    オプション
  17. カートリッジスロット
    1個、増設可
  18. ジョイスティック
    ATARI仕様x2個接続可
  19. スーパーインポーズI/F
    PC-60m54専用
  20. 外寸
    365(W)×360(D)×87(H)㎜
  21. 重量
    3.3kg
  22. 添付品
    取扱説明書、Nm60-BASICマニュアル、Nm60-BASIC活用書、CMTケーブル(PC-6093)、テレビモニタ用ケーブル(Video,RF用PC-6092)、ソフトウェアカセットテープ(デモンストレーション、英文カナワープロ、グラフィックジェネレータ、ミュージックコンポーサー、ゲーム)、保証書
  23. 本体価格
    84,800円
  24. 発売
    1983/6

PC-8001MKIIに迫った弟機

PC-6001に対し、PC-6001MKIIではキーボードが通常タイプのものに変更され、デザインも一転して硬質になった感がある。また比較的コンパクトな大きさになり、カラーリングは共にシルバーとアイボリーが用意されている。

グラフィックス機能はアナログ出力に変更されたことで、専用ディスプレイ使用時は最大15色表示が可能となった。これによって色のにじみが解消された為、にじみを逆用して擬似的に着色していたソフトは白黒表示(本来は白黒が正常)となってしまった。ページ切り替えのシステムも継承されている(最大4画面、うち1画面はテキスト専用)。また、通常の英数字・カタカナ・ひらがなのキャラクタセットとは別に、絵文字のキャラクタセットが追加された。また、漢字ROM搭載により、教育漢字を含む1,024種の漢字をグラフィックで表示できるようになった。この漢字ROMには、都道府県所在地の市名も入っており、如何に教育を重視していたか物語っている。

PC-6001のさまざまなハードウェア構成(拡張BASICの有無、拡張RAMの有無)と互換性を持たせるため、起動時にBASICのモード(1-5)を選択する以下のようなメニューが表示される。

  1. N60-BASIC (RAM 16K)
  2. N60-BASIC (RAM 32K)
  3. N60拡張BASIC (RAM 16K)
  4. N60拡張BASIC (RAM 32K)
  5. N60m-BASIC (RAM 64K)

モード決定後はページ数(前述)の入力があり、FDD使用時はさらに最大ファイル数 (How many files?)と3回も入力してようやくBASICのプロンプトに入る。

160×200ドット15色という画面モードは、程良い解像度の低さで処理速度を稼ぐことができ、吟味された15色は豊かな色彩を提供したため、独特な味のある優れたゲームソフトが多数制作されていた。

カートリッジスロットにカートリッジを差し込むだけでゲームができるのは旧PC-6001から引き継がれている。

この価格帯のマシンでは珍しい拡張スロットが用意されており、Oh!PC連載のPC工作入門などで企画された自作ボードの取り付けもできた。

スーパーインポーズ機能

テレビやビデオの画面とパソコンの画面を合成する機能で、合成画面のビデオ録画も簡単にできた。これを実現するためのスーパーインポーズユニット(PC-60m54)は5万円ほどの価格だった。

NECはもっとも低価格なシステムとしてカタログなどでアピールしたが、グラフィックス機能を考えればやはりPC-8801MKIIの方で実現するべきだった。

CRT表示等

これまで通り、家庭用テレビにも接続できるが、専用CRTを使う方がきれいになる。グラフィック画面は320×200ドットで4色だが、160×200ドットなら15色表示できる。

サウンド機能はPSG音源で、内蔵の音声合成により日本語を発声でき、しかもBASICからコマンドで簡単に発声内容を作ることができる(音声合成機能自体は、PC-6001にもオプションで提供されていた)。

上位機であるはずのPC-8001MK2にはサウンド機能や15色表示はないし、漢字ROMもオプションなので、こうなってくると兄機を上回った弟機、ということもでき、PC-8001MK2の存在は明らかに中途半端なものとなってしまった。

なお、FDDには従来の5.25インチFDDの他、後に3.5インチのものも用意された。

このパソコンが発売された5ヶ月後にはPC-6601が発売され、こちらはディスク内蔵で、音声合成は歌うこともできるようになったので、どうせならこちらのPC-6601を考えた方が良いだろう。

あくまでも入門機であるが、上位であるはずのPC-8001MK2の存在意義をなくしたマシンとも言える。PC-8001MK2ではできないサウンド機能やスーパーインポーズ、(160×200dotではあるが)15色表示も本機にはあり、できないよりはすっとましだからである。0は100倍しても0だが1は10倍すれば10、とはよくいったものである。
(Visited 1 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました