PC-8001 NECにパソコンシェア1位をもたらしてくれた栄光のマシン

PC-8000シリーズカタログより

NECが現在に至るまで、国内パソコンメーカーではトップを誇る理由の一つが、TK80というワンボードマイコン(半田付けで組み立てるキット)が爆発的に売れたことと、その後登場したPC-8001がベストセラーになったことと関係がある。サービスセンター「Bit-INN」でサポートを怠らなかったことも関係している。

TK80に続いてタイニーBASICを搭載したTK80BSが発売された。TK80BSは最初半田付けのキットだったが、すぐにケースに入った完動品へと移行している。それから僅か数年でPC-8001が発売されている。

当時最低限必要だったカセット、プリンタ、CRTのインタフェースは備えていたが、フロッピードライブ(FDD)の接続には拡張ボックスPC-8011/8012の別途購入が必要だった。もっとも、当時はフロッピーディスク(FD)の価格が極めて高額であり、それで良かったのである(ディスクドライブは160KB片面フロッピー1Dのものでも32万円以上、メディアであるフロッピーディスク自体数千円だったという)。

スポンサーリンク

初代PC-8001スペック

  1. CPU
    μPD780C-1(Z80A互換)4MHz
    ※DMA割り込みウェイトがあるため、実際には2.3MHz程度で動作する。
  2. ROM
    24KB(最大32KBまで実装可)
    ※N-BASIC搭載(Microsoft 24K BASIC)(version 1.0として発売。後に1.1に乗せ換えて再発売)
  3. RAM
    16KB(最大32KBまで実装可)
    ※後に32KBに増量して再発売
  4. テキスト表示(スクリーン構成)
    80文字×25行、80文字×20行
    72文字×25行、72文字×20行
    40文字×25行、40文字×20行
    36文字×25行、36文字×20行
    ※上記のいずれかを選択可能
    文字単位にアトリビュート設定可。リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)
  5. グラフィックス機能
    160×100ドット8色表示(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)
    テキストの簡易グラフィックモード使用
    2×4ドット毎に着色可。
    ※テキストの属性として簡易グラフィックが実現されており、アトリビュートエリアの制限により、当該テキスト属性が1行内の左端から右端の方向において変化する回数に制限があったため、着色が出来なかったり意図した属性の表示がされない部分が見られる場合がある。
  6. CRT
    R.G.B.セパレート出力方式(カラー)
    コンポジットビデオ信号出力方式(輝度変調、モノクロ)
    家庭用TV(TVアダプタ経由)に接続可
  7. カセットI/F
    FSK方式(1200、2400Hz)、600ボー
    プリンタインタフェース
    パラレルインタフェース内蔵(セントロニクス規格準拠)
  8. シリアルI/F
    TTLレベル・シリアルインタフェース内蔵4800/2400/1200/600/300ボー(筐体を開けてICソケットから引き出す必要がある。PC-8062 RS-232Cケーブルユニットを用いることでレベル変換も行える)
    ※ターミナルモードでの実質キャラクタ、転送速度についてはマニュアルを参照。
  9. CMT(カセット)I/F
    600ボー。
  10. 拡張バス
    拡張ボックスのPC-8011/8012および、5インチFDD I/Fボックス接続用
  11. キーボード
    JIS標準配列準拠、英小文字も可能
    10キー、コントロールキー、5ファンクションキー
    本体キーボード一体型
  12. 電源
    AC100V±10% 50/60Hz、20W
  13. 寸法
    430(W)×260(D)×80(H)mm
  14. 重量
    約4kg
  15. 発売年
    1979年
  16. 本体標準価格
    168,000円

PC-8001の拡張オプション

  1. PC-8011拡張I/Fで拡張可能なもの:RS-232C×2、FDD I/F、GP-IB。すべてエッジ・コネクタによる出力であるため、専用のケーブル (PC-8095/PC-8098/PC-8096) が別途必要。
  2. PC-8012拡張ボックスで拡張可能なもの:FDD I/F、 拡張スロット×7

PC-8001の特徴等

メモリは発売当初は16KBと少なめ、後に32KBに増強されており、発売済みのマシンでも専用スロットがあり、搭載することは簡単にできるようになっており、拡張ボックスを購入して最大64KBまで搭載できた。

なお、ROM-BASICとしてN-BASICが搭載されていた。拡張ボックスを購入し最大までメモリを増設しフロッピーを使えばOSとしてDISK-BASIC、CP/Mが稼働できた。

グラフィックスはグラフィックRAMを持たないため、テキスト画面を利用して簡易表示させ、160×100ドットで8色表示、となっていた。後に、サードパーティから16KBのグラフィックRAMが発売され、これを使えば320×200ドットで4色表示可能となる。これが、PC-8001MKIIのグラフィック機能の原型である。

まだ漢字表示はなかったが、それを除けば自社・サードパーティから多数の機器やソフトが発売されている。但し当時はソフトはまだゲームが主体になっていたことはいうまでもない。このマシンが爆発的に売れたことが、後にPC-9800シリーズがベストセラーになることへ繋がっていく。

競合機種としては、国産パソコン第1号の日立ベーシックマスター(1978年10月発売)、富士通FM-8(1981年)といったところだった。

1982年に富士通がFM-8を大幅にモデルチェンジし、価格も10万円近く引き下げたFM-7を発売すると、PC-8801を大幅に価格引き下げしたマシンを想像して、またNECの勝ちか…と思ったユーザーも中にはいたが、その予想は外れて、PC-8001MKIIの登場となった。因みに、PC-8801を大幅に値下げしたマシンの登場はPC-8001MKII登場後の3年後だった。

初代PC-8001は元々ホビーパソコンとして位置づけられており、ソフトや周辺機器は自社/他社共に多数あったが、1981年にPC-8801が発売された。PC-8801は8ビットビジネスパソコン、という位置づけだったが、NECの意に反してホビーパソコンとしても売れてしまい、PC-8001の立場はあやふやになった。さらにPC-8801と同時発売されたPC-6001の発売により板挟みになりPC-8001は存在感を示せなくなった。
(Visited 6 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました