東武20000系/20050系/20070系

東武20050系20058F東武動物公園行き

東武20050系20058F東武動物公園行き(春日部駅にて)

日比谷線冷房化の要望に応えて、非冷房で陳腐化/老朽化していた2000系の置き換える目的で、1988年に登場したオールステンレス車体を持つ8両編成の車両です。日比谷線では車両の更新も兼ねており、まず東武20000系が登場し、次いで営団03系/東急1000系の順で登場しています。

さすがに登場から20年以上経過すれば車両の陳腐化は避けられなくなりますが、日比谷線では車両の20M7両編成化が決定し、70000系が登場することが決まり、順次日比谷線乗り入れからは撤退し、4両編成化とワンマン化改造を行い、ローカル転用が行われます。但しすべての編成がローカル転用されるのではなく、元々調子が悪かった21809Fと21813Fは編成単位で廃車されました。またチョッパ制御車は先頭車2両のみインバータ車の中間車と組み合わせて4両化されるようです。

スポンサーリンク

東武20000系列 仕様/廃車履歴一覧

※細かく20000系・20050系・20070系に分かれており、20000系は電機子チョッパ制御、20050系と20070系はVVVFインバータ制御。20000系・20050系は2000系の置き換え用。20070系は増備車であり2000系の置き換え用ではない。

東武20000系

電機子チョッパ制御、行き先表示は幕方式、全車3扉車。赤文字は廃車。

 ←浅草・中目黒 北千住・東武動物公園→
 –  –  クハ21800形
(Tc1)
モハ22800形
(M1)
モハ23800形
(M2)
モハ24800形
(M1)
モハ25800形
(M3)
モハ26800形
(M1)
モハ27800形
(M4)
クハ28800形
(Tc2)
廃車
編成 製造  – CHOP SIV1,CP CHOP CP,CP CHOP SIV1  –  –
21801F 1988年度 21801 22801 23801 24801 26801 27801 27801 28801 2018/2/27
21802F 1988年度 21802 22802 23802 24802 26802 27802 27802 28802 2017/11/13
21803F 1988年度 21803 22803 23803 24803 26803 27803 27803 28803 2019.09.09
21804F 1989年度 21804 22804 23804 24804 26804 27804 27804 28804 2019/9/9
21805F 1989年度 21805 22805 23805 24805 26805 27805 27805 28805 2019/4/15
21806F 1989年度 21806 22806 23806 24806 26806 27806 27806 28806 2018/8/6
21807F 1990年度 21807 22807 23807 24807 26807 27807 27807 28807  
21808F 1990年度 21808 22808 23808 24808 26808 27808 27808 28808 2019/2/25
21809F 1990年度 21809 22809 23809 24809 26809 27809 27809 28809 2017/7/5

2017/7/28

21810F 1991年度 21810 22810 23810 24810 26810 27810 27810 28810 2018/6/4
21811F 1991年度 21811 22811 23811 24811 26811 27811 27811 28811 2017/9/19
21812F 1991年度 21812 22812 23812 24812 26812 27812 27812 28812 2017/9/19
21813F 1992年度 21813 22813 23813 24813 26813 27813 27813 28813 2017/7/05

2017/7/28

※CHOPは主回路チョッパ制御機器、CPはコンプレッサー、SIV1は補助電源装置(GTO式静止形インバータで140kVA)。上記のデータは鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」2008年1月臨時増刊号「東武鉄道特集」による。

※21809Fと21813Fは4両ずつ編成を分割した上で8両編成に組成し直し、北館林解体場まで廃車回送。ワンマン改造の対象から外れ、編成単位で廃車。

東武200050系

VVVFインバータ制御。LED表示器。編成中前後2両ずつ5扉、中間4両は3扉車。客用扉上に液晶表示器を設けていたが、劣化により撤去、広告枠になる。赤文字は廃車。青文字は20000系先頭車と組み合わせて4両化とワンマン改造。5扉車はドアを塞いで3扉化する。

←浅草・中目黒 北千住・東武動物公園→
 – クハ21850形
(Tc3)
モハ22850形
(M5) 
モハ23850形
(M2) 
モハ24850形
(M7) 
モハ25850形
(M3)
モハ26850形
(M7) 
モハ27850形
(M6) 
クハ28850形
(Tc4) 
廃車
編成  製造  VVVF SIV1,CP VVVF CP,CP VVVF SIV1
21851F 1992年度  21851 22851 23851 24851 25851 26851 27851 28851 2019/2/18
21852F 1993年度 21852 22852 23852 24852 25852 26852 27852 28852 2019/4/8
21853F 1993年度 21853 22853 23853 24853 25853 26853 27853 28853 2020/2/25
21854F 1993年度 21854 22854 23854 24854 25854 26854 27854 28854 2020.8.11
21855F 1993年度 21855 22855 23855 24855 25855 26855 27855 28855
21856F 1993年度 21856 22856 23856 24856 25856 26856 27856 28856 2020/4/20
21857F 1994年度 21857 22857 23857 24857 25857 26857 27857  28857 2018/7/30
21858F 1994年度 21858 22858 23858 24858 25858 26858 27858 28858 2018/9/14

VVVF:VVVFインバータ制御装置
CP:コンプレッサー(空気圧縮機)
SIV1:GTO式静止形インバータ(140kVA)
SIV2:IGBT式静止形インバータ(190kVA)
※上記のデータは鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」2008年1月臨時増刊号「東武鉄道特集」による。

東武20070系

VVVFインバータ制御。LED表示器。全車3扉。扉上部にLED表示器を設置。

 ←浅草・中目黒 北千住・東武動物公園→
クハ21870形
(Tc1)
モハ22870形
(M1)
モハ23870形
(M2)
モハ24870形
(M3)
モハ25870形
(M4)
モハ26870形
(M3)
モハ27870形
(M5)
クハ28870形
(Tc2)
廃車
編成 製造 VVVF SIV2,CP VVVF CP,CP VVVF SIV2
21871F 1996年度 21871 22871 23871 24871 25871 26871 27871 28871 2017/8/07
21872F 1997年度 21872 22872 23872 24872 25872 26872 27872 28872 2017/11/13
21873F 1997年度 21873 22873 23873 24873 25873 26873 27873 28873 2018/3/13

※中間2両廃車、6両を津覇車両まで回送、4両編成化の上ワンマン改造。赤文字は廃車。青文字は20000系先頭車と組み合わせて4両化、ワンマン改造へ

VVVF:VVVFインバータ制御装置
CP:コンプレッサー(空気圧縮機)
SIV1:GTO式静止形インバータ(140kVA)
SIV2:IGBT式静止形インバータ(190kVA)
※上記のデータは鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」2008年1月臨時増刊号「東武鉄道特集」による。

なお一部中間車はアルピコ交通に譲渡され、2022/3より運行開始することが信濃毎日新聞が報じています。中間車であるため、先頭車化する改造を京王重機で行われているようです。

タイトルとURLをコピーしました