東武50050系

東武50050系は2006/3/18にまず10両編成1本が登場、2009/9/15までに10両編成18本が増備されました。このうちの数本はリース扱いで導入されており、苦しい台所事情がうかがえます。

半蔵門線・田園都市線直通用には30000系が2003年から6+4=10両編成15本が使用されていましたが、中間に乗務員室が入ることから、東急側から10両固定編成を入れるように要請され、3年間かけて13本を50050系に置き換えています。置き換えられた30000系は乗り入れ機器を50050系に移植後、地上線用に転用されています。

置き換え用としてではなく、増備車となっているのは51051F/51061F/51062F/51066Fとなっています。

50050系のベースとなった50000系は、まず東上線用に貫通扉のない50001Fと貫通扉付きの50002Fが2005/3/16に登場し、以降貫通扉付きで増備されています。全車日立A-train使用となっていますが、東上線用の50000系1次車・2次車とは異なり車両限界の関係で、車体幅が2,770㎜となっています。なお、東上線用の50000系は3次車以降の編成は、50050系と同じ車体幅2,770㎜となっています。

スポンサーリンク

50050系への30000系から乗り入れ機器の移植時期など

※31603F+31403Fは地上線用として転出後、再度機器を搭載して乗り入れに戻ったものの、再度機器を供出し、再度地上線用になっている。

置き換え時期 機器供出元編成 機器供出先編成 機器供出先編成の営業開始日
増備車 新品 51051F 2006年3月18日
2005年9月 31613F+31413F 51052F 2006年3月21日
2006年4月 31612F+31412F 51056F 2006年5月3日
2006年5月 31611F+31411F 51053F 2006年5月30日
2006年5月 31614F+31414F 51054F 2006年6月20日
2006年6月 31601F+31401F 51055F 2006年7月11日
2006年10月 31608F+31408F 51057F 2006年11月12日
2006年11月 31602F+31402F 51058F 2006年12月12日
2007年2月 31607F+31407F 51059F 2007年2月25日
2007年2月 31603F+31403F 51060F 2007年3月23日
2008年7月 新品 31603F+31403F 2008年7月6日
2009年1月 新品 51061F 2009年1月29日
2009年1月 新品 51062F 2009年1月29日
2009年1月 31605F+31405F 51063F 2009年3月1日
2009年2月 31610F+31410F 51064F 2009年4月2日
2008年12月 31604F+31404F 51065F 2009年4月13日
2009年7月 新品 51066F 2009年7月23日
2009年8月 31603F+31403F 51067F 2009年8月13日
2009年9月 31615F+31415F 51068F 2009年9月15日

クレヨンしんちゃんラッピング編成

2016/11/3から東武鉄道・埼玉県・春日部市の共同企画として、クレヨンしんちゃん25周年を記念したラッピング編成が以下の通り運転されました。

 / メインキャラクター 使用編成 ベースカラー 運行開始日
第1編成 野原しんのすけ 51055F レモンイエロー 2016/11/3
第2編成 風間トオル 51056F スカイブルー 2016/11/25
第3編成 桜田ネネ 51057F バーミリオン 2016/11/29
第4編成 ボーちゃん 51058F オレンジ 2016/12/12
第5編成 佐藤マサオ 51059F エメラルドグリーン 2016/12/19

当初は2017/5月中旬頃までの運行予定でしたが、好評のため8月まで延長されました。

東武50050系と東武30000系は特に運用の区分なく共通で運用されています。乗り入れ車は東急車の方が多いため、半蔵門線清澄白河や押上で折り返し、東武線に戻らないダイヤも多く組まれています。また夜間東急の車両基地で外泊するダイヤもあります。

今後30000系は全車東上線に転属するようですが、50050系は製造が終了しているため、補充には車体寸法が同一の50000系3次車がトレードする形で転属するようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました