東急8634F TOQBOX編成(東武線北春日部駅)

東急8634FTOQBOX(区間準急中央林間行き)

東急8634FTOQBOX(区間準急中央林間行き):2005/5/21

東急8500系はTOQ BOXの広告電車として貸し出された編成があり、8634Fと青帯とシャボン玉ラッピングを施した8637Fがそれに当たります。8634Fの先頭車は「TOQBOX」のラッピングとラッパ/音符が貼り付けられました。

スポンサーリンク

8634Fは側面にも虹/ラッパ/音符をラッピング/赤帯配置

音符やラッパの絵がラッピングされた東急8634FTOQBOX

音符やラッパの絵がラッピングされた東急8634FTOQBOX:2005/5/21

乗務員室側にも音符とラッパがラッピングされ、戸袋には虹もラッピングされています。また、赤帯も貼り付けられています。

ラッピングされた東急8634FTOQBOX

ラッピングされた東急8634FTOQBOX:2005/5/21

側面の窓下には赤帯が貼り付けられ、車体には虹/♫がラッピングされており、「TOQBOX」の文字も貼り付けられています。

8634Fの車内は典型的な通勤タイプ

東急8634FTOQBOXの車内はエアコンと扇風機併用

東急8634FTOQBOXの車内はエアコンと扇風機併用:2005/5/21

8500系の客用扉のガラス支持は外側から押し縁でビス留め固定する方式になっています(一部客室側からビス留め固定している車両もある)。乗務員室仕切りは当初貫通扉だけに窓がありましたが、後に車掌側にも窓を設けています。空調はエアコンと扇風機を併用するものとなっています。

東急8634FTOQBOXの車内は典型的な通勤タイプ

東急8634FTOQBOXの車内は典型的な通勤タイプ:2005/5/21

座席は赤でしたが、後に9000系などと同じブラウンとオレンジ2色のものに交換されました。ステンレスパイプが林立する典型的な通勤タイプです。8637F以降は9000系と同一の内装が採用されています。8634Fは後に客用扉上部にLED式の案内表示器が取り付けられ、これは自動放送とも連動しています。

TOQBOX運行終了後はシャボン玉などのラッピングは剥がされましたが、赤帯はそのまま残っています。

東武との相互直通前の試運転時には8500系で唯一、久喜駅の先である鷲宮駅まで入線した実績があります。

※2021/4/1:運用離脱。

コメント

タイトルとURLをコピーしました