わたらせ渓谷鉄道(神戸/通洞)沿線

わたらせ渓谷線神戸駅にあるレストラン清流

わたらせ渓谷線神戸駅にあるレストラン清流:2004/6/23

わたらせ渓谷線神戸駅には東武1720系の廃車体のうち、4両目と5両目の2両繋いだ列車のレストラン清流があります。2011年に原色に復元されていますが、開店当初は青色に塗装され、動物の絵が描かれていた時期もあります。

レストランの内装は1720系の時代そのままで座席を向かい合わせにし、テーブルがある造りになっています。

神戸駅は、「ごうどえき」と読みますが、やはり関西に神戸駅があるのがその理由のようです。

スポンサーリンク

通洞駅

わたらせ渓谷線通洞駅前

わたらせ渓谷線通洞駅前:2004/6/23

通洞駅は足尾銅山観光の最寄り駅とされていますが、駅からはやや遠いです。旧足尾町の中心街でもあり利用客が多いです。足尾地区内のタクシーが待機しています。

わたらせ渓谷線通洞駅前案内板

わたらせ渓谷線通洞駅前案内板:2004/6/23

わたらせ渓谷鉄道は国鉄民営化の際第三セクター化された足尾線が前身で、1989年3月29日に会社発足し、路線を引き継ぎました。元々は足尾銅山で産出される銅製品の輸送がメインでしたが、足尾銅山が閉山後は観光路線となっており、足尾銅山そのものが観光地となっています。

ダイヤは1~2時間に1本で、レールバスによる運行となっています。また、DE10と12系客車、京王電鉄から譲受した5000系の車体を改造したトロッコ列車「トロッコわたらせ渓谷号」が運行されています。曜日が決まっているので要確認。

水沼駅には温泉センターが併設されており、入館料大人600円、入浴時間は10:30~18:00となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました